東京事変 dynamite! in 福岡初日

行って参りました正しい街公演2DAYS。
まずは1日目の模様から。


開演前のアナウンスはH是都M。自己紹介もネタもなく普通に注意文読み上げ。
複数回参加している私は最初からメンバーの誰かがやるものとわかっているけど、周りのお客さんはみんな気付いてない様子。
でも最後の最後で「まもなく開演です。席を離れているお客様はご自分の席に戻り、しっかりシートベルトをお締めください」ってネタ入れてきてウケてた。シートベルトって立っちゃいけないんかい!(笑)
客電が消えOPの『禿げ山の一夜』が流れるとすぐさま立つ客席。さすが地元、反応が早い。
爆音とフラッシュライトと共に登場した東京事変に大歓声。
私の席は10列右サイドで、ちょうどまっすぐ前が亀田師匠という席。師匠すごい楽しそうに演ってて思わずこっちも笑顔になってたら、何度か目が合った気がする(脳内)。
初めの数曲は師匠ばかりに目を奪われていた。だって、師匠超色っぽかったんだもん!いやほんと!マジで!薄闇に浮かび上がる赤や紫のライトの中に立つ師匠には中年の色気が漂っててドキドキした。エロス!
一方、地元公演ということで本日の主役であるところの林檎ちゃんは、なんだか動きが固い。ボーカルも仙台に比べるとずいぶん遠慮気味というか、もっともっと出ることを知ってるこちらとしては煮え切らない感じだった。明日もあるから喉に負担かけないように抑え目に演ってるのかしら…と思った。
『遭難』では林檎ちゃんのボーカルも遅れてた上に、ハタさんのドラムがどんどん走ってしまって、リズムがギクシャク。「ハタさん走ってる走ってる〜!」って気が気じゃなかった。林檎ちゃんは生だと引き伸ばしながら歌うので、ここは気持ちよく歌えるようにバックが合わせて欲しいところではある。
続く『ダイナマイト』では、いつもなら右へ左へ流し目ビームくらわせながら練り歩くのに、動き方がやたら小さいし、ダンスもなし。ん〜今日おとなしいな〜…という煮え切らない気持ちが続く。
逆に動きが大きかったのはヒーズミと昼海さん(笑)
ヒーズミは遊び倒してたなー(笑) 電子ピアノを使うような曲はギターメインの爆音曲が多いので、出番少ないヒーズミは余力が余っちゃって右手で鍵盤弾きながら身体と左手はいつも遊んでる(笑)
後半なんてピアノの椅子の上に立ってつま先で弾くわ、背中向けて後ろ手で弾くわ、なんかの曲の大ラス♪ジャン!って決めるとこなんて両手広げて決めポーズ取ってもはや弾いてもいないの!(笑) 超笑った〜(笑)
それでいて、グランドピアノメインの曲になると超絶技巧で圧倒しちゃうんだもんなぁ。ピアノソロの時勢いづいて椅子を星一徹よろしくガターン!ってちゃぶ台返ししてたし。
昼海さんはギターソロになるとステージかぶりつきギリギリまで前へ出て、前列を煽りまくるし、曲中ジャンプしまくり。絶対ミキオサイド楽しいと思うんだけど今日の客席はそれについてくる人が少なくて寂しい限りですよ。ボーっとしてるなら場所変わって!旦那曰く「ミッキー滑ってた」ですって…えー…そうかも…トホホ…。
そして愛しのハタさんのドラムがやっぱり素敵すぎた。
仙台で愛・再燃だったのだけど、この日は右サイドということもあってドラムセットがちゃんと見えたのだけど、黒のバスドラに、白で東京事変ロゴと折り鶴が描いてあるんですよ。それがハタさんのビートに合わせて折り鶴がドクンドクンと鼓動を打ってるように見えるわけですよ!すなわちそれって東京事変の心音なわけですよ!♪ちゃんと聴こえたよ あなたが鼓動を揺らすから ですよ!
やべ!『駅前』ってハタソングじゃん!好きになれそう!(得意の手のひら返し)
煮え切らないと不満たれつつも、『秘密』は最高だった。
演るたびにどんどん良くなってる。バンドもボーカルがどんどん脂がのってきてる。
もうCD用に録り終えちゃってるかしら?ツアー後に録って欲しいなぁ。
♪駆け引きはもうそこに でびしっと指さします。
サビの歌い上げが気持ちいい。後奏でもウラウラロックなハミングが追加されてハードでかっこよかった。
でも『if you can touch it』での腰振りもやっぱりおとなしい林檎ちゃん。
ん〜…と思っていたら『母国情緒』で事件ですよ。
6小節目で「あ、歌詞間違えた?」と思ったら、林檎ちゃん歌うのやめて両腕をあげて「すいません…もう1回やらせてください…」とストップをかける。
そして「今日地元やけん緊張しとう…」と動揺しきった声で小さくつぶやくと、両手で顔を覆ってうつむいてしまう。
客席は突然のハプニングに興奮気味に「頑張ってー!」とかけ声の嵐。
すぐ歌い出すかと思いきや、林檎ちゃんは顔を覆ったまま今度は客席に背を向けて動かなくなってしまった。
そこで昼海さんが「がんばれ!がんばれ!」と手拍子をうながすと割れるような手拍子と林檎コール。
林檎ちゃんは一度チラリと客席を振り返るが、肩が震えたと思ったら涙を拭きながら舞台袖に駆け込んでしまう。
一瞬ボーゼンとして顔を見合わせる事変メンバー。しかし師匠が「いや〜…レアな場面に遭遇しちゃったねー!」としゃべり始めると、昼海さんが機転を効かせて「改めまして東京事変でーす!」と挨拶。客席はこのハプニングにやんややんやですよ。「あちらがピアノのH是都M!」などとメンバー紹介をし、師匠が「あの人さぁ〜、開演前『シートベルト』って言ってなかったぁ?」と突っ込み、ヒーズミが「僕今日アナウンスやりましたー」とか言いながら間をつなぐ。ヒーズミとハタさんはベシャリが立たない人達なので、師匠と昼海さんが頑張ってたなぁ(笑)
やっと戻ってきた林檎ちゃんは「なんという失態を…本当に申し訳ございません…」と詫び、「それではいきます」と言ったものの客席の声にうろたえたりして始められず、もううろたえまくりでした。
それでやっと聴けた『母国情緒』での ♪ここでちゃんと向き合えている という歌詞にジンときて涙が出てしまった。背中向けて逃げ出してやっと向き合ってくれたからさ…。
いやしかし驚いた。
椎名林檎のパブリックイメージって、ナース服でガラス蹴り割ったり、愛車のベンツ真っ二つにしたり、あげく爆発炎上させたり、トリッキーで挑発的で暴力的な部分ばかりが知られているじゃないですか。でも素顔はすごくセンシティブな人なんだよね。
とにかくこの日は、故郷への思い入れが強すぎて逆に空回りしてしまったという印象でした。
そんな林檎ちゃんを助けようとメンバーはいつもの倍テンション高かったし、林檎ちゃんはいいメンバーに支えられて助けられてやってるなぁと思った。
そんな林檎ちゃんの故郷愛に触れてしまったため、もう林檎時代の曲が泣けて泣けて。
だって歌詞に出てくるその場所に今自分が立ってるんだよ?
『同じ夜』の♪彷徨う夢の天神 という歌詞に「あの繁華街で若かかりし日の彼女は孤独だったのね」とか、♪泣き喚く海 という歌詞に会場のすぐ後ろが海だったから「ああこの海に立ってこんな気持ちでいたのね」とか、曲の世界にログインしまくりだった。
改めて林檎時代の曲も大切に聴き続けたいと思った次第。
師匠MCがまた良かったんだよなぁ。
「俺、さっきの(ハプニング)で思い出しちゃった」と言いだし、打ち合わせになかったのか林檎「なに、なんですか?聞いてないですよ?」と慌てる。
「5年前だったかなぁー、初めてのツアーで福岡来たときのこと。飛行機で着陸するときに福岡の街がどんどん近づいて見えるじゃない。それを見て林檎さんが『師匠、ここが私の街でございます』って言ったの。俺なんかミーハーだからさ、『百道はどこ!?百道は!?』って言ったりしてたんだけど(笑)…覚えてる?」「覚えてないです…すいません…」
そのとき飛行機の中で林檎ちゃんはどんな表情をしていたのかなぁ…きっと愛しい優しい目をしていたんだろうなぁ…それで師匠の印象に残ったんじゃないかなぁ…とか、5年という長い期間ずっと音楽を通して寄り添ってくれた師匠との深い付き合いが感じられてじ〜んとしちゃったよ。
そして東京事変として師匠から授かった新曲2つも歌うほどにどんどん良くなっていく感じで、過去を慈しみつつ未来に期待は高まるばかりなのです。
ハプニングの後、林檎ちゃんはだいぶ持ち直したものの、その失敗が響いて気持ちが弾けきれない感じで危なっかしくて、見ているこっちもちょっとヒヤヒヤしながらだった。
本編最後の『群青日和』でもイントロとちって2度目のやり直し。うあ〜今日もうボロボロだ〜。
そしてアンコールでMCの順番が回ってきた林檎ちゃんはもう謝るしかなく(笑)
「ご家族やお友達にはどうぞ内密にしてください…」と言ってましたが、ばりばり書いてます(笑)
恐縮しきりの林檎ちゃんでしたが「今日から地下鉄七隈線開通なんですよね!」と地元贔屓トークで目が輝きはじめる。「天神にもすごい経済効果あるんですよね!」とか「七隈線のCMソングを2小節だけ必死で覚えてきました」と言って「ふっくおっかちっかてっつななくません♪」って歌ったりゴキゲン(笑)
最後の曲を前にして「『教育』は皆さんたくさんお聴きくださってるということで、ありがとうございます。アルバムの中からまだ1曲演ってないのがあるんですけど、わかりますか?」と客席に話を振ると、「林檎の唄ー!」と応える女の子に会場ウケ。
「…今林檎の唄っておっしゃった方がいましたけど…(笑)ボケですか?林檎の唄1曲目に演ったじゃん!やったやん!やっとろうもん!」とお国言葉で口とがらせてました。かわいいっ。
そして「今言ったの誰ですか?」と言うと、女の子が「ごめんなさーい!」と手をあげ、その子をじっとみつめて「…こら!」とお仕置き。ギャー!おいしすぎー!
あと「今日はありがとうございました。また明日もありますけれど、一期一会、明日いらっしゃる方も今日来てくださった皆様もありがとうございました。」というようなことを言っていて自分的におぉ…と盛り上がった。
だってまさにこのライブ中、私の中に浮かんでいた言葉が「一期一会」だったから。
東京事変のライブってほんと一期一会だなぁ…って。だから1公演1公演大切に、五感フルで感じ取って過ごしたいって思ってたんだよね。
それが林檎ちゃんに伝わったような気、あるいは同じことを考えていたような気になれて嬉しかった。
そして最後に「やってない曲皆さんおわかりですよね?せーの」と客席にマイクを向けたんですが、ああああ私ったらここでとんだ失態を!!!!
「夢の中ー!」って叫んじゃった…!!
バカーーー!それは飯田卒コンだろーー!
(※正解は『夢のあと』です)
もうもうもう俺のバカバカバカ!ヲタ氏ね!恥ズカシー!!
ああもう大失敗…。みんなが叫んだから目立たなくて良かった…。最悪進行止めるところだった…。
身が縮む思いでしたが、今日の林檎ちゃんはもっと穴掘って入りたい気持ちだったのかもしれない。
それはともかくとしてラストの『夢のあと』は素晴らしかった。
最後に全てを出し尽くそうとする林檎ちゃんの姿に胸打たれた。
♪未来を造るの、 で切って ♪さぁああ〜〜! って息が続くかぎり思いっきり歌い上げてた。
そして最後の音を出し終わって林檎ちゃんがほっと安堵のため息をつく、その表情を忘れることができない。テンパりながらも精一杯歌いきった林檎ちゃんに惜しみない拍手。
そんでメンバーがハケる時に、師匠や昼海さんは余ったピックを投げ、ヒーズミはタオルを投げ、ハタさんは太鼓のフタを取り外して投げたーーー!
ビューンとブーメランのように飛んで、私の席数列前の女子がみごとキャッチ!う、うらやましいいい!!
終演後、声かけて写真撮らせてもらいました!!
050203-r.jpg
お馬さん好きなのに食べちゃうのかよ!(笑)
かわいいね、ハタさん…(笑)


1日目MC他に覚えてる限り。
■昼海さん
「山笠なんかにゃ負けんたい!」とひとネタ。
あとはCDの告知とか。
■ハタさん
「福岡は心の熱い人が多いということで僕たちもはりきってます」とかなんとかカンペ棒読み。
「ちかなな(地下鉄七隈線)ができたそうですね」とか「天神が変身(←天神地下街リニューアルしたらしい)」とかご当地ネタを。
そんで「〜〜ちゃろ?」ってやたら語尾につけててかわいかった。
■師匠
「福岡にくると天神とか行ってついつい買い物しちゃう。去年はマウス買ったんだよね。あとCDプレイヤーとか。なぜか財布のひもがゆるむんだよね。」という師匠に林檎ちゃん「みんなそう言いますよね。景気のいい街ですから」と言うと、師匠が指で輪を作ってお金マーク「コレね」と言ってた。
あとは新曲告知。
■ヒーズミ
「H是都Mと申します」以外覚えてない…!
■林檎ちゃん
「地下鉄七隈線今日から開通なんですよね!?」
「私それ言いたかったからみんなに言わないでって言ったのに…」
ハタの方を振り返って「…言ったろ?」と睨む。萌え!


東京事変 live tour 2005 “dynamite!”(2005.02.03 福岡サンパレス)
01.林檎の唄
02.入水願い
03.遭難
04.ダイナマイト
05.ここでキスして。
06.秘密
-MC-昼海幹音
07.顔
08.if you can touch it
09.母国情緒
10.車屋さん(美空ひばりカバー)
-MC-刃田綴色
11.月に負け犬
12.同じ夜
13.現実に於て
14.現実を嗤う
15.恋の売りこみ(EDDIE HODGESカバー)
-MC-亀田誠治
16.スーパースター
17.透明人間
18.駅前
19.Σ
20.クロール
21.丸の内サディスティック
22.その淑女ふしだらにつき
23.御祭騒ぎ
24.サービス
-MC-刃田綴色
25.群青日和
-アンコール-
-MC-H是都M
E1.心
-MC-椎名林檎
E2.夢のあと

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ