ごはんよ、急げ!

お料理の本を自分で買ったのは先日の脱・マンネリごはん!エントリーで書いた栗原はるみさん著書の『ごちそうさまが、ききたくて。』が初めてなんですけど、プレゼントでいただいてよく見ている料理本が1冊あるのでご紹介します。

ごはんよ、急げ!


ごはんよ、急げ!

  • 作者: 川津 幸子
  • 出版社・メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本

これはかよさんに誕生日プレゼントにいただいた本で、写真がキレイなのとコラムが読みやすくて楽しいのでしょっちゅう見てます。
この本最大の特長は「簡単でオシャレ」なとこ!
著書の川津さんは編集者さんで、仕事を持ちながら毎日ごはんも作らなきゃいけない生活の中から生まれた、早ウマレシピ(でも手抜きに見えなくておいしい!)がとても参考になります。
中でも「冷蔵庫で眠ってる調味料をリストラしよう」というページ内の、豆板醤やバルサミコ酢など、買ったはいいけど確かに最初に数回使ったまま…って調味料を使えるレシピはありがたかったなあ。
ちなみにこの本の中から実際に作ったことあるレシピをいくつかご紹介すると、直近では昨日のごはんでしょ、過去ログ漁ると油淋鶏蛸とキュウリのピリカラ和えベーコンのペペロンチーノ(アレンジしてアスパラを足しました)、アスパラの焼き浸しは気に入ってもう1回作ってます
あれー?本だと盛り付けも写真もセンスいいのに、私が作ったの見てもあんまりオシャレじゃないな(笑)
こうして振り返って見ると、お酢の上手な使い方を学べたみたいです。もともと実家があまり酢の物を出さないうちだったのでどうもお酢ってなじみがなかったんですが、旦那さんが酢の物好きなので覚えるようになりました。ついつい、醤油・酒・みりんの3つに頼ってしまって味がべたーっとなりがちなのは前から自覚していたので、お酢や豆板醤など味にアクセントをつける調味料の使い方を覚えられるのが良かったですね。
そうそう、この本の著書の川津さんのプロフィール見たら、なんと『ごちそうさまが、ききたくて。』の編集者その人だったようです。なんという偶然。
ああ、でもどおりで「簡単でおいしい」「そしてひと味違う」お料理マインドが似てるなあと思いました。

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメント / トラックバック1件

  1. いいとこ より:

    http://cayo.blog14.fc2.com/blog-entry-1040.html

     
    チョコランの誕生日にプレゼントした「ごはんよ、急げ」。チョコラ家のいつもおいしそうな食卓のお役にたててるみたいでとってもうれしい。
    この本は元々私も所有…

コメントをどうぞ