日立 ドラム式洗濯乾燥機BD-V2200L 使用感レビュー

日立のビッグドラムが我が家にやってきて数週間になります。
我が家のせまい洗面所にぴったりというかギリギリ。笑
ビッグドラムは横幅があるけど薄型なので圧迫感がなくていいです。
(他社のドラム式だと、防水パンから10センチは前に突き出してしまうので…)
100205-s.JPG
レビューを書いたらアホほど長くなったので、最初にピンポイントレビュー。

・洗い、すすぎ、乾燥、どれも気が利く設計になってる!
・使い古しのバスタオルもめっちゃふわふわ~に仕上がってびっくりした!
・乾燥シワがホントに少ない~!カタログ通りの仕上がり!
・衣類の縮みや毛玉は今のところ感じない
・1回のランニングコストは水道代1円、電気代21円!
・節水節電だけじゃなく、これからは節服にもなりそう!(子ども服の洗い替えをたくさん買う必要がなくなる
・部屋干しに囲まれないので部屋が広くなった!笑
・お天気や子どもの機嫌に左右されずに、毎日スイッチぽんで洗濯物がきれいになって乾いて出てくるって…べ、便利すぎる!
・もう以前の生活には戻れない!現代に生まれてよかった!

ざっとこんな感じです。笑
では詳しいレビューは興味のある方だけどうぞ~。(長文注意)


■参考リンク
日立公式サイト BD-V2200
価格.com 日立 > ビッグドラム BD-V2200L > クチコミ掲示板
価格.com ビッグドラム BD-V2200L のユーザーレビュー・評価
↑のV2200のクチコミは投稿数が少ないので、スチームアイロン機能以外はほぼ同じスペックのV3200のクチコミやレビューが参考になりますのでこちらも。
価格.com 日立 > ビッグドラム BD-V3200L > クチコミ掲示板
価格.com ビッグドラム BD-V3200L のユーザーレビュー・評価


まずは工程ごとに感心したポイントです。
カタログみたいな内容になったので、読み飛ばしてくださってかまいません。
 
■洗い
うちはだいたいいつもお風呂の残り湯を給水して、洗濯乾燥・標準コースです。
豆知識ですが洗剤の酵素は36~37℃で一番洗浄力が高くなります。
つまりお風呂の残り湯を使うことで、洗剤の洗浄力がアップする上に、節水にもなります。
もし翌日の冷めた風呂水や水道水を使う場合でも、「ホット高洗浄コース」を選べば洗い運転前に衣類を温めて、酵素パワーが働くようにすることもできます。なかなか気が利く機能!
ビッグドラムは名前のとおり横径が大きいドラムなので、ぐるんぐるん回っているのはなかなか迫力があります。
こうやって洗濯物をぐるんと持ち上げて落とす、持ち上げて落とすの叩き洗いで、しっかり汚れを落とすそうです。
少ない水でしっかり洗濯物に洗剤液をいきわたらせるために、洗い運転中は左右の量サイドから、洗濯液のシャワーが洗濯物にふきかけられています。
 
■すすぎ
そしてすすぎ運転なんですが、これがなかなか気が利く設定になっているんです。
ひとつは風呂水すすぎだと、自動的に注水すすぎ運転をしてくれるところ。うんうん、風呂水だったら節水する必要がないもんね!
でも風呂水だけですすぐのって、ちょっと抵抗あるじゃないですか?もちろん「すすぎ2回:1回目風呂水、2回目水道水」などと設定することもできます。
でも風呂水オンリーすすぎ設定だと、最後は自動で水道水を7Lだけ使ってさっぱりすすぎ仕上げしてくれるんです。(要設定)
この子気が利くな~~!
なので最近は、洗剤をアタックNeoに変えて、風呂水すすぎ1回コースにしています。これで洗濯に使う水道水はたった7L。お金にして1円くらいです。
 
■脱水乾燥
脱水して、乾燥に入ります。
ここから先が多分ビッグドラムの一番の腕のみせどころ。
乾燥の中盤からはブォオーーーンとドライヤーのような音がけっこうします。
高速で風を吹きつけて、衣類を舞い上げてシワをのばしながら乾かすとのこと。
確かに4kgくらいの量だと、シャツやタオルがドラムの中でぶわんぶわん舞い上がってます。
6kgくらいたっぷり乾燥かけるときゅうくつそうですが、ちゃんと撹拌されているのがわかります。
ちなみに乾燥シワを避けたいシャツなどは、「乾燥30分コース」で運転してシャツだけ取り出し、残りのものは「乾燥標準コース」でフィニッシュするというやり方もできます。
また、乾燥は60℃の低温乾燥なので、衣類が縮みにくいそうです。
それにもし子ども服は縮んだとしても、子どもの成長のほうが早くてどうせ半年でサイズアウトしてしまうので、あんまり気にしていません。笑
でも何回か乾燥にかけている私の服も縮んだ感はとくにないですね。
そして気になる電気代は1回約21円!
 
■仕上がりは…
スイッチ押してから約3時間後、待ちかねた終了のメロディでドアをあけて出してみると…
ほかほかふわふわの洗濯物が、からまずにするする出てきます。
まず驚いたのが、使い古しのバスタオルがふわっふわ~~!でまるで柔軟剤のCMに出てくるみたいにやわらかく仕上がってること!
なんだこれすごい!
次に驚いたのが、乾燥シワが少ない!子ども服も私の部屋着も、これ全部そのまま着られるレベルじゃん!
パパのワイシャツは分けておいて、少ない量で(4kgほど)乾燥させてみたら、吊り干しとほとんど変わんなかったです。
いや~シワが少ないとは聞いていたけどこれほどとは!
カタログなどに掲載の乾燥シワの比較写真を見て、「いやいや…カタログなんていいとこしか見せないでしょ?実際はもっとシワ多いでしょ」と思ってたんですが、だいたいあのとおりでした。
家電技術の進歩すごい!いや~~感動しました。
洗浄力は申し分ありません。
次男の離乳食でベッタベタに汚れたベビー服もきれいさっぱりです。


■消臭・除菌コース
スーツやぬいぐるみなど、洗濯できないものも水を使わず消臭・除菌することができます。
試しに枕を消臭・除菌コースにかけてみましたが、ふっかふっかになり、ちゃんと消臭効果も感じました。
また思いついたときにでも、子どもの布製おもちゃの除菌もやってみたいと思います。


以下は使いながら感じたことの覚え書きです。
 
■1日の洗濯量の把握
V2200は洗濯は9kg、洗濯乾燥は6kg、たっぷり洗濯乾燥コースで7kgまで一度に洗うことができます。
我が家の1日分の洗濯物容量を把握すべく、使い始めは体重計を使って洗濯物の重さを計ってみたりしました。
朝脱いだパジャマから、その日に着ていた洋服から、お風呂上りに使ったバスタオルも入れて、親子4人分でだいたい4~7kgでした。
これでいっぺんに乾燥までかけられちゃう量だということがわかりました。
というわけで、シワになりやすい旦那さんのワイシャツ以外は、全部一緒に洗っちゃってます。
 
■厚手のバスタオルは洗い分けを
でもホテルタイプの厚手のバスタオルは、他のものと一緒に洗わないほうがいいです。
乾燥ムラの原因になるし、他のものは乾いていてもタオルの乾燥に時間がかかるので電気代が無駄になります。
また使い始めは毛羽立ちが多いので、他の洗濯物への付着が気になったり、フィルター掃除がちょっと面倒かと思います。
ちなみに我が家で使っているお気に入りのバスタオルは、こちらの裏面ガーゼバスタオルです。
薄手だけどしっかり吸水してやわらかい使い心地、そして日干しでも乾きが早く、乾燥機にかけても短時間で済みます。
詳しいレビューは以前に書いてますのでそちらをどうぞ。

裏ガーゼ【普通判】バスタオル
  
■毛玉について
ドラム式は摩擦が増えるので毛玉ができやすいです。
毛玉が出やすい素材は化繊混紡、出にくい素材は綿100%だそう。
確かに子どもの綿65%×ポリエステル35%の裏起毛トレーナーは、縦型洗濯機のときから毛玉が出ていましたが、ドラム式にして毛玉がさらに増えました。
(まあスーパーで買った500円のトレーナーなのですけどね…笑)
でも綿100%の厚手のスウェット素材はへっちゃらです。
私が毎日のように着ている、無印のぬくもりインナー(綿80、レーヨン15、ポリ5)も大丈夫。
フリース素材(アクリル100もしくはポリエステル×ポリウレタン)も表地は大丈夫。裏地は毛玉だらけになります。これは縦型のときからですが…。
綿ポリでポリエステル比率の高めのもの(35%以上)は要注意ですね。
綿ポリは秋冬のルームウェアに多いんですよね。安くて温かい。笑
今後は購入前に素材チェックをして、綿ポリはワンシーズン使い捨てと割りきって買おうと思います。
 
■縮みについて
また乾燥するので縮みもある程度は避けられません。
縮みやすい素材も決まっていて、代表格はウール、そしてやはり化繊混紡のストレッチ素材のものは縮みやすいようです。
ニット類や靴下やストレッチの効いた服は注意が必要です。
それでなくても、洗濯表示を見るとほとんどの衣類に「乾燥機の使用はお避けください」と書いてあります。
ユニクロがそんなよわっちぃ根性でどーするっ!!
というわけで、私は「安い服に手かけてらんない!」と一緒くたに洗って乾燥までかけちゃってます。
一度ユニクロのウォッシャブルニットを、一応洗濯ネットには入れるものの、普段着と一緒にアタックNeoで、標準コースでわっしゃわっしゃ洗って、うっかりゴーゴー乾燥までかけちゃいましたが、なんと縮みませんでした!(なんちゅーガサツな…
ユニクロがすごいのか、ビッグドラムがすごいのか…笑
 
■お手入れ
お手入れが必要なのは、糸くずフィルターと乾燥フィルターの2カ所です。
糸くずフィルターはたまったらお知らせしてくれます。
乾燥フィルターは使うごとに毎回お手入れする必要があります。
1回の乾燥でもけっこうワタボコリが付きます。
毎日のことなので、ささっとお手入れできるように、新たにハンディクリーナーを買ってビッグドラムの上に置いています。
(ハンディクリーナーについては別途記事を書きます)
FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800
FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800


■総括
使い始めて数週間になりますが、もう劇的に!楽になりました!
今月は特に天気が悪い日が続きましたが、今までだったら何日も続けて室内に洗濯物をみっちりとじめじめ吊るしていたでしょう。
干し場所も足りないし、乾きにくいので、お風呂上りにバスタオルも使わずフェイスタオルで身体を拭いていたでしょう。
お天気を気にせずにふかふかのバスタオルでたっぷりと身体をふけるしあわせ!
また、ぐずぐずと機嫌の悪い次男の相手をし、脱水が終わった洗濯物を1時間も放置、やっとお昼寝してくれた…とホッとするのも束の間、せっせと干すことももうありません。
使い始めはなんだか家事をサボっているような、ズル休みをしているような居心地の悪さを感じたりもしました。
が、スイッチぽんで洗濯物がきれいにふかふかになって出てくる便利さに慣れてしまった今、もう二度と元の生活には戻れる気がしません…!
ひいおばあちゃんごめんね!真冬も洗濯板で洗濯していた時代もあったのにね!
でも私、現代に生まれてよかった!本当によかった!
P&Gの調査によると、海外女性の家事時間に比べて、日本人女性の家事時間はおよそ2倍だそうです。
私は「共働き」を口実に導入しましたが、専業主婦だって全自動洗濯乾燥機を使ってもっと家事負担を減らしてもいいと思います。
イニシャルコストはかかりますが、ランニングコストはとても低いので気にせず使えるのがいいですね。
あと節水節電のみならず、節服にもなると感じました。
今までは子ども服を上下10枚ずつは用意しておかないと、保育園のお着替えが回りませんでした。
でも今はその日の洗濯物がその日のうちに乾いてしまうので、逆にタンスがぎちぎちになってしまっています。
これからは上下6枚ずつもあれば充分回るので、子ども服をたくさん買う必要がなくなりました。
それに使い古したタオル類も仕上がりが非常にいいので、寿命が延びた感じがします。
タオル類は年に一度、タオルセールが盛んな初夏に、古いものを捨て新しいものを買って半分は入れ替えるんですが、今年は必要ないかなと思っています。
というわけで、ビッグドラム本当に買ってよかった!大満足です!
ダラダラと長くなってすみませんでした…まとめる才能低いわあ…

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメント / トラックバック2件

  1. マリビラ より:

    いいねードラム式。
    うち今すんでるマンションが修繕工事中で、ベランダ側の作業の日以外はベランダに干してもいいんだけど作業員のおじちゃん達が行ったり来たりするもんだから下着とかは干したくなくてここ1ヶ月常に部屋干し。これからは花粉の季節だからアレルギーもちの旦那のことを考えると外干しはあまりよくなさそうだし。。
    洗濯機も買い換えたいけど、ノートPCが故障して買い替えになったり、あとは寝室のテレビも。。とまだ洗濯機が新しくなるのは先になりそうだけど、やっぱ乾燥機能付うらやましいなぁ。。

  2. チョコラ より:

    うちのマンションも何ヶ月も修繕工事やって、お天気のいい日も洗濯も布団も干せなくてすっごく不便だったことあるよ~~
    プライバシーも気になるしホント嫌だったなあ…。
    エコポイント延長のうちにテレビは買っておきたいよね。
    うちは冷蔵庫を検討中です。
    ドラム式の機能は進化がめざましいから、洗濯機の買い替え優先順位が1位になるころ、もっといいやつが出てると思うよ~!
    ちなみに買い替えにいい時期は新型が出る9月頃に旧型の在庫処分を狙うか、新春セールで新型を買うか、3月の決算セールで新型をねぎるってのがいいみたいだよ。

コメントをどうぞ