日立の炊飯器RZ-MV100Kを買いました

春に買い替えた調理家電3つ目は炊飯器です。
これも渡米を見据えての購入でした。
以前の炊飯器はもう8年使っており、渡米中に壊れてもおかしくありません。
アメリカで売っている炊飯器は機能が悪く、それでアメリカ米を炊いてもおいしくないそうです。

ごはんは毎日の活力!おいしいごはんが食べたい!というわけで買い替えたのでした。

さて、炊飯器って高いものになると8万円とかするじゃないですか。
以前に家電量販店で各メーカーの炊き比べ試食コーナーで、主要メーカーの上位機種のごはんを全部食べたことがあるんです。
結論としては全部うまい!w というか違いがわからない!w
食いしん坊なので味覚は悪くない方だと思うんですけど、私には値段の差を納得するほどの味の差はないと思いました。
というわけで、どのメーカーもおいしい!では価格や機能で選ぼう!
ということでパンフレットやクチコミを吟味の上で選んだのが日立のRZ-MV100Kです。

使い始めて2ヶ月になりますが非常に満足しております!
おすすめのポイントは…

  • RZ-MV100Kは2万円台前半と安い割に高機能でコスパ高い!
  • 蒸気レスでまったく蒸気が出ない!
  • 運転音も静か!
  • 「極上炊き」コースで炊くと、ノンブランド米がコシヒカリのような甘くて粘りのある味に!
  • 普通炊きでも十分おいしい
  • スチーム保温で時間が経っても味が落ちない!しかも省エネで保温に電気をあまり使わない
  • 手入れが楽!洗うパーツは3つで、構造もシンプル

日立って最上位機種のひとつ下の機種がすごくお買い得なことが多いんですよね。
目玉の機能はちゃんとついているのに(炊飯器なら高圧力と蒸気レス、電子レンジなら高温スチーム、エアコンなら再熱除湿…)、価格がグッと抑えられていて、他メーカーよりもコスパが高い!というのが私の印象です。

炊飯器の蒸気レス機能は現在は日立と三菱が付けていますが、三菱は蒸気を冷やすために水タンクをセットする必要があります。
サイズも大きくなるし、毎回セットしたり洗ったり面倒だし、野暮ったいなあと。
日立は蒸気を炊飯や保温に循環させるので余計なパーツがなく手入れも簡単!
蒸気、本当にまったく出ません!運転音も静か~!
以前の炊飯器がシュゴーーー!!とすごい勢いで蒸気が出ていたので、この差にはびっくり。
わざわざ炊飯器置き場を引き出す必要もなくなり、壁紙も傷めないので蒸気レスはおすすめです!

極上炊きコースだと、安いノンブランド米がコシヒカリっぽい味になるのも驚きました。
これでアメリカでもおいしいごはんが食べられそうです。
ただし、日本は100Vでアメリカは120Vと電圧が違うので変圧器必須です。特に炊飯器はワット数も高く、高温になるため2000W対応くらいの大きな変圧器だと安心とのこと。
変圧器はアメリカAmazonの方が安いので現地調達がおすすめです。
こちらは炊飯器バッチリとのレビューもついてて安心!
Amazon:Customer reviews:Power Bright Vc-2000j Transformer Step up / Down 2000 Watt Japan 100 120 Volt

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ