アメリカの住宅選びについて

赴任後しばらくホテル暮らしをしていた夫ですが、ようやくアメリカの住む家が決まったようです。

こちらは夫から送られてきた家の外観。
話には聞いていたけど家も庭も広ーいようで、楽しみ半分不安半分です。

20120502-101125.jpg

ちなみに1970年代に建てられた築40年の物件!
アメリカや諸外国では住宅の価値が減価しないため、リフォームを繰り返して長く使い、賃貸でも築50年物件もザラです。

さて、続きはアメリカでの家探しの紆余曲折について…

さて、学童期の子供がいる海外赴任者にとってアメリカでの住宅選びは学区選びとイコールであるといっても過言ではありません。
なぜかというと、アメリカは貧富の差が激しいため、地域の治安や環境は住民の所得に大きく左右され、公立の学校もレベルの高いところから荒れているところまで様々。
公立の学校は地域の不動産税によって運営されているため、高級住宅地=不動産税高い=学校運営費が潤沢=学校のレベルが高い=教育熱心な親が多い=地域の治安も良い…ということになります。
そのため治安の良さや、子供を安心して学校に通わせたいことを望む日本人駐在員の多くは、学区の良い地域…すなわち高級住宅地に住宅を借りるケースが多いようです。
ありがたいことに夫の会社からはそういう地域で家を借りられるだけの住宅手当が支給されます。会社側としても治安の悪いところに社員を住まわせて何かあったら大変ですからね…。

また、長男は平日は現地校、そして土曜は日本語補習校に通うことになります。
スクールバスもあるようですが、基本的に学校への送迎は親の役目。
下の子も連れて、子供3人チャイルドシートに座らせて、ほぼ毎日2往復することになるわけで…かなり大変そうです。

というわけで、我が家の住宅選び条件を挙げますと…

  • 夫の会社、現地校、補習校の3ヶ所にアクセスの良いところ
  • 学区と治安が良いところ
  • 子供が小さいので、騒音トラブルが多いアパートタイプや二世帯住宅タイプは避ける
  • 冬は路面が凍結するため、坂道の上の立地は避ける


といったところを気にしました。
前任者や、現地の日本人スタッフ、会社から紹介された不動産エージェントの方にも相談し、ニュージャージー州内で我が家の条件に合う地域を3つに絞りました。

  • リッジウッド
    学校のレベルが非常に高い。前任者のご家族が住んでいたところ。モンテッソーリ系の学校がある。
  • パラマス
    こちらも学校のレベルが高い。日本語補習校が近い。大型モールが多くショッピングに便利。
  • グレンロック
    学校レベルが高い。

詳しくはニュージャージーの地域特性や、日本人駐在員にとっての利便性解説が充実しているこちらをご覧ください。
ニュージャージー北部のエリア情報 – REDAC, Inc.

候補の地域から、我が家の条件や予算に合うところをピックアップしてもらい、夫があちこち内覧して写真を撮り、Skypeで相談し合いながら決めました。
賃貸住宅はなんと言ってもご縁ですから、とにかくそのときマーケットに出ている物件の中から決めるしかありません。
アメリカの引っ越しシーズンは7〜8月。9月から新学期が始まるため、それに合わせて夏に不動産マーケットが最も活発になるわけです。
そのため夫が赴任した4月時点では選択肢が少なかったようですが、そんな中でベストチョイスができたんじゃないかと思います。

最終的にパラマス地域内の一戸建てに決まりました。
レベルが高く評判の良さそうな現地校にも車で数分、日本語補習校にも車で数分、夫の会社へは車で20分。
またショッピングモールへも近く、買い物も便利そうです。
屋根付きシャッターガレージが2台分あるので、雪や雨の日に子供や荷物を乗せたり降ろすのも楽そうです。
家も庭もとても広く、裏庭にはすべり台とブランコがあり、子供も喜びそう。

夫も条件交渉を頑張ってくれ、古い乾燥機は新しいものに交換してもらったり、早期解約違約金を2ヶ月と要求されたのを強気で突っぱねて1ヶ月にしたり、仕事の合間によくやってくれて感謝です。
アメリカでは庭の手入れをきちんとするのが公共マナーのため、芝刈りをきちんとするのがエチケットだということで、庭の手入れも家賃内に含めてくれるよう交渉しましたがこれは通りませんでした。うーん、庭師を雇わねばならないかな…。
先輩駐在妻の方で、雪かき費を家賃内に入れてもらった方もいるようです。雪かきは近所の子供がお駄賃稼ぎにやってくれるらしいんですがさてどうでしょうか?
それから日本人だとお風呂を重視して家選びをする方も多いようです。お風呂が広いとか、独立型だとか。我が家はとにかく学校を最優先したので、内覧した物件の中にはジャグジー付きのものもありましたが、実際住む家はごく普通のユニットバスと別室のガラスドア付きシャワーブースでちょっと使いにくそうです。

学校選びのポイントもいろいろあったんですが、長くなったので記事を分けますね。
検索でいらっしゃったどなたかの参考になりますように!

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ