アメリカ赴任準備その2…手続きにバタバタ

その1は過去ログのこちら。
アメリカ赴任について « 猛牛ママ

渡米まで1ヶ月を切りました。
準備や手続きにバタバタしております。
ここまでにやったことなどのまとめ記事です。

■VISA申請手続きと面接
夫と夫の会社の方が手続きしてくれたので、私がしたことは証明写真をプリントしたくらいですが…。
米国大使館への面接は15歳以下は免除されるので、母に赤ちゃんを預かってもらい私だけで面接に行きました。
予約時間は10時15分だったのですが、体験談の勧めに従い、7時55分に大使館に到着するように行きました。
これが大正解!待ち時間が少なく、結果的に9時30分に面接を終了することができました!
入館手続きは8時から始まりますので、あまり早く行きすぎても待ち時間が増えます。8時ちょい前がおすすめ!
セキュリティチェックや書類チェックをして入館したら、面接官が来るまで椅子に座って数十分待つので暇つぶしの本などあると良いと思います。
面接開始時間までにどんどん人が入ってきていっぱいになります。
指紋採取や面接に呼ばれる順番は整理番号順ではなくかなりランダムでした。電工表示板にポーン♪と音が鳴って新しい番号が表示されるたびに確認しないといけないので、面接開始後はいつ自分が呼ばれるかソワソワしてあまりゆっくり読書に集中できる感じではありません。
早く来たおかげであまり待たずに呼ばれました。
同じ待つにしても、面接開始時間前に入館したので、持ってきた漫画を楽しく読みながら待つ時間の方が長かったので苦になりませんでした。


■退職にともなう手続きもろもろ

  • 私の会社で退職手続き
  • 夫の扶養、年金3号、夫の会社の健康保険に加入する手続き
  • 失業保険受給資格延長手続きの問い合わせ


通常、失業保険の受給は就職活動をしていることが条件ですが、「夫の海外赴任への同行するための退職」という理由があると失業保険受給を3年間延長できます。
夫の辞令のコピーや、出国後30日を経過してからパスポートのコピーなど必要書類を送付します。
今のうちに必要なものを揃えておいて、出国後にパスポートの該当部分をスキャンしてpdfで実家の母に送り、ハローワークに送ってもらう手はずを整えておきます。


■自宅賃貸に関するもろもろ

  • 入居希望者の内覧
  • リロケーション会社と賃貸契約メール打ち合わせ
  • 設備不備のある部分の修繕


我が家は自宅のマンションをリロケーション会社を通して定期借家賃貸に出すのですが、5月になって家賃条件を1万円下げましたところ、早速内覧の申込が。ご案内したところ気に入っていただけて入居申込をいただけました。
ここまではとんとん拍子だったのですが、リロケーション会社と改めて契約条件について不明点を問い合わせたりのやりとりで、夫と話し合うにも時差もありやりとりに時間がかかり、2週間を費やしてしまいました。
洗面所の水栓が調子悪かったのですが、自分たちはだましだまし使ってましたが、賃貸に出すにあたって修繕義務があるためメーカー修理で1万円かかったりしました。


■引越し荷物の再見積もり

  • 運び出し荷物再検討、再見積もり
  • 引っ越し日の決定


ソファーやダイニングテーブルなど大型家具を処分する前提で見積りを取っていたんですが、会社規定の荷物量の半分以下でした。その後、アメリカの家が広いこと、ケーブルテレビの端子がHDMIで今使ってるテレビでも受信可能なことから、やっぱり1階のプレイルームにもテレビやソファーやテーブルがあると便利かな~と考え直して、再度見積りを取り直しました。結局、テレビ、ソファー、ダイニングテーブルセットも船便で持ち込むことに。
それでもまだまだ規定量に余裕があるので、次は船便→航空便の振り替えを検討中です。


■フライトに関する手続き

  • 航空券の予約手配
  • アメリカから迎えにくる夫の航空券の予約手配
  • ANA赴任コンポへの加入申込
  • 成田空港近辺のホテルへのハイヤー予約手配
  • 前泊するホテルの宿泊予約


会社規定で昼便しか取れず涙目です…。夜便なら子供が寝ている時間長くて楽そうなのに、元気な男子を13時間の長時間フライトをどうやって乗り切るか、乳児も連れているので手が回るのか、今から胃が痛いです…。
でも良いこともいくつかあって、ひとつはビジネスクラスで渡航ということ、もうひとつはANA赴任コンポというすごくお得なサービスを受けられることです。人生初のビジネスクラス~!豪華な食事やフルフラットシートは楽しみだけど、子供の泣き声に対する周囲の乗客の目がエコノミーより厳しいと聞くので(そりゃそうですよね、高い料金払ってるんだから…)不安もいっぱい…。
ANA赴任コンポはひとり5000マイルのボーナスマイルがもらえたり、手荷物超過無料や、子連れのサポートサービスや、渡航場所と人数に応じて点数がもらえて好きな特典が選べたりかなりサービスがいいんです。私は自宅から成田のホテルまでのハイヤー送迎と、スーツケースと、英会話ハンドブックを選びました。
ハイヤーの送迎先がANAクラウンプラザホテル成田だったので、前泊もそのホテルで予約手配を。


■税金関係の手続き

  • 今年度の準確定申告
  • 納税代理人の届け出


年収65万円以下だと所得税0円なのですが、私は今年1月末から産休に入りそのまま退職したのでその規定が適用され、確定申告をすれば給与から天引きされていた源泉徴収分が全額戻ってきます。
まだ年度途中なので準確定申告ということになることと、還付金のお知らせのハガキが出国後に届くといったことから、納税代理人の届け出が必要となります。夫の納税代理人としてすでに義母を届け出ているのですが、私も義母にお願いしました。義母は銀行勤めなのでこういった税金関係のことに詳しいので安心してして任せられます。


■必要な書類の準備

  • 戸籍謄本取り寄せ
  • 母子手帳の英訳手配
  • 自動車の無事故無違反証明書


渡米後にSSN取得のために、夫との婚姻関係が証明できる書類を提出する必要があるため、あらかじめ戸籍謄本を取り寄せておきます。
母子手帳の英訳は会社が契約している生命保険会社でやってくれました。子供3人分の母子手帳のコピーを取ったり、予防接種歴をフォーマットに書き込んだり、なかなか骨の折れる作業でした。英訳作業には1ヶ月くらい余裕をもって申し込まないといけませんが、申し込み後に娘の国内最後の予防接種が残っているので、それは追記してもらうことになりました。
無事故無違反証明書を提出すれば、自動車保険が安くなる可能性があるのでこちらも取り寄せを。交番などで払込用紙をもらい、必要事項を明記し、通信欄に「英文希望」とパスポート通りの名前ローマ字を書き込み、郵便局で料金を払えば2週間ほどで自宅に郵送されてきます。


■健康関連

  • 子供の予防接種
  • 子供の歯科検診


アメリカは予防接種先進国なので、小学校入学のために必要な予防接種の種類が日本よりかなり数が多いです。トラベルクリニックで足りない分を教えてもらい、スケジュールが許す限り日本で接種を済ませていくことにしてがんばりました。渡米してからでも予防接種は受けられますが、我が家は乳児含む子供3人で病院へ行くのも大仕事なこと、英語に自信がないこと、日本で受けた分も会社が全額補助してくれることから日本でなるべく済ませたかったのです。
任意接種の注射はアメリカの方が安いですし、会社や保険によっては日本では自己負担、アメリカでなら補助という場合もあるので、確認されるといいと思います。
アメリカは歯の治療費が非常に高額なので、治すべきものがあれば治してから渡米しようと歯科検診へ。幸い兄弟とも虫歯はありませんでした~。


■公共料金や携帯電話の解約手続き

  • 電気、ガス、水道を止める日を連絡
  • ソフトバンクから郵送で解約する書類取り寄せ
  • NHKの受信料解約手続き
  • 郵便物の転送届け
  • 保育園へ退園届


我が家はソフトバンクで私、夫、iPadの3台契約しているのですが、157に電話して無料解約期間を確認しました。2年縛りに引っかかるのは夫のケータイとiPadだったんですが、夫は来年9月まで無料解約できないのであきらめて解約違約金を払うとして、iPadはなんとフライト2日後に無料解約期間になるのです!たった2日で1万円払うのは悔しい!なんとかならんのか!と事情を説明したところ、郵送でも解約手続きができるということで、解約申込書を送ってもらいました。こちらに記入し、免許証のコピーと、フライト直前にSIMカードを抜いて同封し、日時指定をして宅急便で送ることにしました。


■EMS(国際速達郵便)のラベル準備
日本から荷物や書類を送ってもらうときに備えて、実家、義実家、マンション管理人さん用に住所記入済みのEMSのラベルを用意しておきます。また、保育園のお友達にもお手紙を送ってもらえるように、保育園の先生にも切手と一緒にお渡ししようと考えています。
郵便局のホームページからできるEMSのラベル印字サービスが便利です。
送り主の日本の住所も郵便番号を入力すれば、自動的に英字で印字してくれるのであとは番地を入力するだけです。注文すると自宅に郵送してくれます。1度に5枚までしか注文できないのですが、実母分と義母分でそれぞれ物品用ラベル15枚+書類用ラベル5枚、依頼主空欄で物品用と書類用5枚ずつ、続けざまにぽちぽち注文しました。


■出産報告と赴任による転居報告をかねた挨拶ハガキ制作
こちらのオンラインショップでハガキをデザイン印刷していただきました。
写真年賀状&出産報告はがきの『アンビエンテ』
こちらのお店を選んだ理由は

  • デザインフォーマットが素敵なものが多い
  • オリジナルメッセージ可能
  • 住所欄の表記も融通が利く
  • 繁忙期以外は校正費無料で確認できる
  • クオリティの割に料金が控えめ

といったところでした。
我が家は「娘が生まれたこと、名前の由来、アメリカ転勤になり引っ越したこと」をメッセージに盛り込んだため、けっこう文字数も多かったのですが上手くレイアウトしていただけました。
また、住所欄は「アメリカの住所、電話番号、夫と私のメールアドレス」に加えて、「夫の実家住所」も記載していただきました。
感激したのは、私が選んだデザインフォーマット以外に、デザイナーさんが2案目をデザイン提案してくれたことです!繁忙期じゃなかったからでしょうか?通常やっているサービスではないと思いますが、2案目の方が素敵だったのでそちらを使わせていただくことにしました。
いろいろ細かく対応していただいて感謝感謝です。おすすめのお店です!
出来上がったハガキはこちらです。

20120619-112951.jpg


■買い物もろもろ
買い物はいろいろ買い込んでおります!これは改めて別エントリーで書こうかと。


■荷物の仕分け
目下作業中です!

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ