Bergen Town Center で子供服のお買い物

20120724-162511.jpg

週末は Bergen Town Center というアウトレットショッピングモールに行きました。
The Outlets at Bergen Town Center : Home

パラマス近辺には全米最大規模のショッピングモールもあるのですが、あまりにも広過ぎてアテをつけていかないと歩き疲れて大変だということです。行ってみたいけど子連れだときっと大変だろうなあ~。
こちらのモールはわりとこじんまりとしていて全部見て回れること、WHOLE FOODS MARKETが入っているので食料品も買って帰れるので私のニーズにピッタリ!

私が買い物している間、夫が兄弟を公園に連れていって遊ばせてくれることになりました。
日本でならゆっくり買い物できて大歓迎!なんですが、アメリカのモールに赤ちゃんと一緒に置いて行かれた私…ふ、不安~!w

子供服のアウトレットショップがいろいろ入っていて楽しかったです。
オシュコシュ、GAP、ジンボリーなどなど…。

こちらでは「1個買うと1個無料!」といったセールが多いのですが、オシュコシュで「1枚買えば2枚無料でついてくる!」というTシャツセールをやっていましたw 定価ってなにかねw

20120724-163325.jpg

The children”s place というお店の服が私好みで、デザインが比較的シンプルでカジュアルでお値段もとっても安くて気に入りました!
Children Store | Baby, Big Girls & Big Boys Clothes, Kids Shoes, Clothing & School Uniforms |The Children’s Place

子供服は日本とサイズ表記が違うので、普段着ている服のサイズを思い出しながら選びました。
子供がその場に居れば背中に当てて見ればいいんですけどね。
アメリカではなんでも返品を受け付けてくれるというので、とりあえず買ってみてサイズが合わなかったら返品にトライしてみましょ!
長男用のショートパンツや、兄弟お揃いのポロシャツなどを買うことに。

あとで合流した子供たちに合わせてみたら選んだのがピッタリサイズでした。
3歳身長90センチちょっとの次男には12~18month、6歳110センチの長男には3Tのサイズでちょうどよかったです。
アメリカ人は子供も背が高いのかな…。

さて、今回は夫のサポートなしでひとりドキドキお会計の列に並びます。
スーパーマーケットではひとりで会計したことあるけど、洋服屋さんでははじめてです。
このお店は現地でも人気なのか、5人くらい並んでおり、私の後ろにもどんどん並びはじめました。

日本では順番が来ると「お次でお待ちの方こちらへどうぞ~」という風にフルセンテンスの敬語盛りまくりで案内されますよね?
アメリカでは「Next!」もしくは「Next one!」こんな感じで呼ばれますw

レジで「How are you?」と聞かれるのにはだいぶ慣れました。こちらでは「いらっしゃいませ~」と同じ感覚です。最初は目を合わせて「How are you?」と言われると、は、話しかけられた!なんか答えなくちゃ!と焦ったものですw お会計後に言われる「Have a good day!」は、日本でのありがとうございました~と同じ感覚ですね。

レジのお姉さんにクレジットカードを通す機械に何か打ち込めと言われたんですが聞き取れず、何度か聞いてメールアドレスを入れろと理解。メアドを入力したところ、あとでDMが届きました。
それと携帯の番号も聞かれたんですが、えっと私…自分の携帯番号知りませんでしたw
夫がiPhone4Sを契約してくれて持ってるんですが、よく考えたら自分の番号知らんかったという…。
アワアワとiPhoneの設定画面などをいじりながら「ウェイト…アイドンノーマイナンバー…」としどろもどろに探すもみつからず、お姉さんにもういいわって言われて切り上げましたw
まあともかく無事に買い物ができてよかったよかった!

のちにわかったことなんですが、アメリカでは携帯番号だけでメールのやりとりができるため、お店に携帯番号を教えるとセールのお知らせやクーポンなどのDMが届くようで、レジでよく聞かれます。

いつ聞かれてもいいように自分の携帯番号調べて覚えました!w
下3桁が417でディスティニー!って思いましたw(417=椎名、椎名林檎ファンにはおなじみの語呂合わせです)

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ