コーヒーメーカー購入記 in America!~Cuisinartのコーヒーメーカーを買うまでの軌跡とメリットデメリット~

※本日の記事はとっても長いです!お時間のある方だけお付き合いください~♪

アメリカはコーヒー輸入量世界一を誇るコーヒー大国です。
アメリカではちゃんとコーヒーメーカーで淹れているご家庭が多いのでしょう、スーパーでは棚いっぱいコーヒー豆が並んでいるのに比べ、インスタントコーヒーは種類も少なく存在感が薄い感じ。

我が家もコーヒー党なのですが、今まではインスタントコーヒーを愛飲しておりました。安い!置き場所を取らない!飲みたいときにささっとスピーディーにいれられる!味も好き~♪(ネスカフェ党♪)

…で、アメリカでもとりあえず適当に買ったインスタントコーヒーが…もう全然おいしくない!泣
お酒を飲まない私たち夫婦にとって、コーヒーは大事な嗜好品。
本来ご褒美や余暇の楽しみであるはずの嗜好品がまずい…これでは元気が出ないもんですね…。
というわけで、コーヒーメーカーを買おう!ということになりました。


まずは我が家のコーヒーとの付き合い方。

・夫婦でコーヒー大好き。水代わりにガブガブ飲んじゃうw
・朝は2杯、昼間も2時間おきくらい、テーブルに座って書類仕事やブログ書きにも必ず欲しい、食後も必ず1杯~。

(ちなみに妊娠中はカフェインレスを飲んでおりました)
・ミルクたっぷりのカフェオレが好き~。
・スタバラテは世界で一番おいしい飲み物♪


次に下調べ…とAmazon.comで「coffee maker」で検索すると、種類が多くてレビューも割れていて、参考になるどころかどれにすべきか余計に混乱してしまいましたw (全部英語だしっ)
あれこれ検索して自分の中で整理し、消去法で絞り込みました。

■エスプレッソマシーン
スタバラテの味を目指すなら必須!
でも機械が大きく置き場所をかなり取ること、機械本体の値段が高くなること、1杯飲むための手間や時間…などから選択肢からはずしました。

■手でドリップするタイプ
アメリカだと日本でも人気のChemex(ケメックス)がとても安く買えます♪
美しいデザイン、専用フィルターを通して淹れるコーヒーの味の評判も読むととっても欲しくなります。

…でも、朝食作りとお弁当を作りながら兄弟喧嘩を制止しているような慌ただしい朝…w
ゆったりと手でコーヒードリップする余裕が私にはなさそう、持ち手が木製で食洗機で洗えないし構造上中まで洗えるブラシが必要で手入れが面倒そう、専用フィルターが必要で豆とは別にランニングコストもかかる…ということから選択外に。

■カプセル式で1杯ずつ抽出するタイプ
日本でもおなじみのNespresso(ネスプレッソ)の他に、アメリカではKeurig(キューリグ)という有名なカプセル式ドリッパーがあります。

勝間和代さんも愛用しているようで、キューリグについては勝間さんのブログがわかりやすいのでこちらをご紹介。
莫大な時間と手間を使った、コーヒー・ティーサーバ、Keurig顛末記- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

美味しくて、カプセルのバリエーションも多くて楽しそう、手入れも楽々!これはいいな~!欲しいな~!とかなり前のめりだったんですが、冷静にランニングコストを計算して辞めました…。
アメリカでは日本で買うよりかなり安くカプセルが手に入るんですが(50カプセルで$30程度、1杯$0.6)、それでも夫婦で朝晩1杯ずつ、1日4杯淹れた場合で一ヶ月$70を超えます!
前述のようにガブ飲みミルクコーヒーな我が夫婦…朝晩1杯ずつでは満足できないし、飲みたいだけ飲んだら1ヶ月1万円は簡単に吹っ飛んでしまいます。ナシナシ!
というわけでとっても欲しかったのではありますが、お財布事情で選択外に…。

■ドリップ式コーヒーメーカー
というわけで消去法で残ったのが、ドリップ式のコーヒーメーカーです。
これが一番選ぶのがむずかしく、お値段も機能もピンキリ!安いものは$30前後で買えるし、高いものは$250くらいします。
記事が長くなってきたので、結論から先に書きますと、Cuisinart(クイジナート)のDGB-650 Grind-and Brew Thermal Automatic Coffeemaker に決めましたっ!

この機種のメリットは

・豆を挽いてコーヒーを淹れるまですべて全自動
・カラフェ(コーヒーポット)がステンレスで保温性が高い
・ガラス製カラフェのように下からヒーターで熱して保温するわけではないので、煮詰まったり臭みが出ない
・一度に10杯分たっぷり淹れられる
・付属の金属フィルターの目が細かいので紙フィルターが不要
・タイマー付きで夜セットしておけば、朝には豆から挽きたてのアツアツのコーヒーが自動的に出来上がっている!

これは素敵じゃあ~りませんか!
家電にしろ家具にしろ何にしろ、何かを買うということは、それを買ったことで新しいライフスタイルを手に入れるということだと思っているので、その機能に「夢」があるかないかというのは私にとって大きな判断材料です。


さて、それではどこで買いましょうか。
アメリカの家電量販店最大手は BEST BUY というお店ですが、「Amazonの方が安い!」という記事が出ていました。
ネット価格でアマゾンに負けるベストバイ 家電店の衰退: アメリカ経済ニュースBlog

Amazonでの買い物は(今のところ)NJでは消費税がかからない(NY州など一部の州ではかかるそうです。しかしNJでも課税の動きがあるとか…)ので、その点でもAmazonの方が優位ですよね。

Amazonではこのときの価格は $129 でした。近所の Bed Bath & Beyond (以下BBB)というお店でも同じ価格です。
このままだと消費税がかからない分、Amazonの方が安い…ということになりますが、ここはクーポン大国アメリカっ!BBBのオンラインサイトに会員登録すると、20%OFFクーポンがもらえるというじゃあ~りませんかっ!

早速、BBBのサイトに登録!
Bed Bath & Beyond Mobile Preference Center

ニュースレターやオファーを受け取る!というチェックも忘れずに!

20120809-140605.jpg

登録して数時間後に「20%OFFクーポン」プリントアウト用のリンクが埋め込まれたメールが届きました~♪
我が家にはプリンターがないので会社の夫に転送してプリントアウトしてきてもらいました。

20120809-130410.jpg

こちらのクーポンを使いまして、BBBにて割引価格$103.99に消費税7%でおよそ$111でゲット!
というわけで我が家にお迎えしたコーヒーメーカーさん♪

20120809-130909.jpg

アメリカ仕様だけあって、かなりゴツくてデカイですw
これで大きさが伝わりますでしょうか、我が家の調理家電、御三家です!w

20120809-131026.jpg

ホームベーカリーも1.5斤用でデッカイんですけどね…。

早速フレンチローストの深煎りコーヒー豆を買ってきて淹れてみました!
お、おいし~!
なんか…インスタントとは後味が違う!こう…まろやかな余韻が残るというか香りがあるというか…これが…アロマってやつ…なの…?w

朝、起きてキッチンに行くと淹れたてのコーヒーの香りで満ちていて、ホテルの朝食みたいで嬉しい~!
普段、私しか料理しないので、誰かが私のために美味しいものをあらかじめ用意してくれている…これってかなり幸せ感じちゃうんですよねえ~しみじみ…。それが例え自分で前日にセットした機械の仕事だとしてもっ!w

というわけで、コーヒーメーカーさん活躍中です!アツアツでガブガブ飲み放題っ!w


長~くなり過ぎですが、家電買い物記を書くと検索でいらっしゃる方がたくさんいるので、参考までにデメリットもお伝えしておきますねっ!

■デカイ!置き場所を食う!
こちらのコーヒーメーカー、置き場所にお気をつけください。なぜなら豆を投入するために上蓋を開ける必要があり、コーヒーフィルターをセットするために右側にもスペースが必要です。右側を壁にくっつけてしまうと、コーヒーフィルターが交換できないのと、右サイドの水量目盛りが見えなくなってしまうため、コーヒーが淹れられませんっ!w

20120809-131400.jpg

うーん、これってスペースの限られた日本のマンション型キッチンでは使いにくそうですよねえ…。私も帰任時に持って帰るかは迷うところです。ムービングセールで売って帰ることになりそう…w

■洗うパーツが多い!
それと手入れの部品がちょっと多いです。
豆挽き部分のパーツ×2、フィルター部分のパーツ×3、カラフェの蓋、カラフェ本体…と全部で7個洗わないといけませんっ!め、めんど~!!w

まあアメリカの食洗機はめっちゃ大きいのでぜーんぶ食洗機に放り込んじゃうんですけど…。ちなみにカラフェ本体以外のパーツは食洗機の上カゴで洗うよう取説に書いてあります。(アメリカの食洗機は上下段に分かれています。下の段の方がヒーターやスクリューに近く洗浄力が強いですが、熱に弱いものや汚れが少ないものは上の段に入れます)
この点でもやっぱり日本で使うには不向きっぽいですね~…。ハイ、売って帰りますw

■うるさーーい!
それと、豆を挽くときの音がすっごくうるさいです!w
ブゥィイイイイイイイインン!!!! ゴリゴリゴリゴリ… って感じです。
私の目覚まし時計替わりになっておりますwww
デカイうるさいはアメリカ家電の共通仕様なので、この国に住む私はこんなもんだと思うことにしていますw

というわけで、コーヒーメーカー購入をお考えの方の参考になれば幸いです!

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメント / トラックバック4件

  1. chichi より:

    チョコラ様
    ブログ読み始めたら、とっても明るい雰囲気が伝わってきて
    絶対アメリカ生活大丈夫ですよ~~~!!!

    コーヒーメーカー、我が家は、30年前のGEのパーコレーター式のものを使っています
    こんな感じの物
    ttp://www.ebay.com/sch/sis.html?_nkw=Vintage+GE+AUTOMATIC+Vacuum+COFFEE+MAKER+Percolator+
    (h抜いておきます)
    壊れません
    お手入れ簡単
    でも豆は自動では挽けません
    保温は電気頼りです

    私は、残ったものは、ふた付き瓶に移して飲みたいときに
    電子レンジで温めます

    このタイプを2つ持っていて
    1つは、30年前のものでコーヒー専用
    もう一つは2002年にNYのMaycy’sで購入したもので、これは、電気ポットとして使っています
    因みにNJ時代の大家さんもこのパーコレータ式をこよなく愛しておられるそうです

    レギュラーコーヒー飲み始めたらインスタントには戻れないと思います^^
    コーヒーだけでなく、紅茶も日本より安い上に色々あるから試してみて下さい

    • チョコラ より:

      力強いお言葉嬉しいですありがとうございます~!
      パーコレーター式、初めて知って見てみました!
      30年もお愛用なんてかっこいい!そういう一生使える愛用品って憧れます~!家電と違ってビンテージになるほど壊れにくいんですねえ。
      レギュラーコーヒー、豆で味が違うのが楽しくていろいろ飲み比べています!紅茶はもっぱらティーパックというズボラですが、こちらもハマると気分だけは優雅な奥様になれそう~w
      売り場で楽しく物色したいと思いまーす!ありがとうございます!

  2. えむまま より:

    私はお酒をこよなく愛するコーヒー党(笑)。
    、、、なのですが、NJに来て妊娠・出産・授乳だったので、専らDecafのインスタントで『今は仕方ない…』とコーヒー大国アメリカで我慢しておりました(T_T)

    やっと今になって娘も卒乳したので美味しいコーヒーが飲みたい!!!と本気で考えていました。

    Cuisinartのコーヒーメーカをしばらくお使いになってみていかがですか?
    私もBedBathで見ていて「見た目がカッコイイ!」と思ってました。(イイお値段もしますしね~)我が家は、帰任の時に日本へ持って帰ることを考えています。どうでしょうかね

    • チョコラ より:

      卒乳おめでとうございます〜。私もそろそろ終わりにしたいな〜。まだ授乳中ですがコーヒー飲みまくりです、すみません、えへっw

      このコーヒーメーカー、いいですよ〜。
      挽きたての豆で入れるから香りがいいし、フィルターいらないからランニングコストも最小限だし、たっぷり入るのでお客様が来たときも活躍します。タイマーはもうまったく使ってませんw
      それと一度に10杯分も入れても午後には冷めるし香りも飛ぶしおいしくなくなるので、普段はせいぜい5杯分くらいしか入れません。
      なかなか気に入ってますが、日本への持ち帰りはどうかな〜と思います。
      なにしろデカイ!豆を挽く音が暴力的なまでにうるさい!日本でそんなにママ友会するかな〜?きっとしないよな〜?(こちらでは子供のお友達とプレイデートするともれなくママ友お茶会になる環境
      となると日本でならもっとコンパクトなのがたくさんあるので、私は日本で買い直すつもりです〜。
      タイマーもズレちゃうんですよ、日本のコンセントにつなぐと。Hz数が違うので時計が狂ってしまうそうです。

コメントをどうぞ