小さな失敗と大きな壁…新米駐在妻の悩み

長男の小学校2日目の朝の失敗談と、駐在妻が避けて通れない(?)悩みなど…。

登校初日の送迎時にさっそく車をこすったことは既報のとおり…。
車の運転が怖くなってしまった私は、この日の朝は歩いて学校に送っていくことに。

Googleマップによると大人の足なら徒歩8分の距離のようですが、8kgの赤子を抱っこ紐でかかえ、イヤイヤ期の3歳児の手を引き、大きなバックパックを転がす長男の先導をして学校へ行くとゆうに15分はかかってしまいました。
イヤイヤ反抗期の3歳児が「ぼくと手をつなぐの!泣」「こっちの手でつなぐの!泣」「おにいちゃんも!泣」「ちがうの!こっちなのーー!泣」などと、右手はママ、左手はおにいちゃんがつながないと嫌だと騒いだかと思えば、やっぱり反対の手!と言ったり、思い通りにならないと叫んだり、いちいちつっかかってなかなか前に進まずイライライライラ…。
時計を見ると9時まであと4分…3分…とどんどん時間が過ぎていきます。
汗だくになりながら、ぐずる次男の手を引っ張って学校まであと少しというとき、ハッとしました。

「ランチバッグを冷蔵庫に入れっぱなしだ!」

だいぶ涼しくなったとはいえ、まだ夏場、ギリギリまで冷蔵庫に入れておこうと思ったのが仇になりました。ああやってしまった…。
とても取りに戻っている時間はありません。
長男に、ごめんねお弁当忘れちゃったけどあとで学校に届けるからねと言うと、とっても心配そうな長男…。さあ学校の先生にどう英語で説明しようと早足で歩きながら考え、9時ギリギリに学校に到着。

しかし保護者は昇降口から校内に入れてもらえず、用があるなら事務所に行けとのこと。
不安そうな長男と別れ、赤子を抱え、次男の手を引き、汗だくで髪を振り乱して正門のチャイムを押す私。
事務室の先生にたどたどしく間違いだらけの英語でなんとか
「I forget my son’s lunch box」
「I will bring it later」
などといい、言いたいことはわかってもらえました。
この英語、ホントに間違いだらけのめちゃくちゃです…(forget は記憶をなくすという意味の「忘れる」という意味だし、later は現在を起点にした「あとで」という表現では使えない…)

「ランチバッグ?スナックは?」
「ランチバッグとスナック…」
「スナックは10時半からだけど10時までに持ってこれる?」
「イエス」

などとやりとりを交わし、またもと来た道を戻ります。

家に戻ってランチバックとスナックに、長男の名前、担任の先生の名前、クラスルームナンバーを書いた付箋を貼り、今度は車で学校へ。車だとあっという間に着きました。もう二度と徒歩で行く気がしない…。

また事務室へ行き、「息子がとても心配してたからすぐに持っていってくれますか?」と事務員さんに託しました。
別れ際に「I’m so stupid…」とひとりごちると部屋にいた事務員さん2人が一斉に「No, no, no!」とフォローしてくれました。や、やさしい…。

家に帰って大泣きしたのは私です…w
あんなに緊張しながらも、がんばって学校に行っている長男の足を、私が引っ張ってしまった…余計な不安を与えてしまった…一番サポートしなきゃいけない母親がこんな英語力で情けない子供に申し訳ない……
と、落ち込み凹んで1日べそべそ泣いてしまいました。

今思い返すと大の大人がそんなことで…と自分でもちょっとおかしいんですけど、私自身もすごく緊張して張り詰めていたんですね。
日本でなら「先生~私ったらドジで~お弁当置いてきちゃったんです~てへぺろ~☆ ひとっ走りしてすぐ取ってきますごめんなさーい!」って笑いながら簡単に解決できることも、いちいちドギマギつっかえつっかえシリアスに緊張して時間がかかって、小さな失敗が大事件のように感じてしまいます。

また、日本ではやり甲斐のある仕事とそれをサポートしてくれる同僚や保育園など周囲にも恵まれていたので、忙しいけれど責任感と張りのある生活だったんですよね。銀行や証券会社のお偉いさん相手にプレゼンテーションをして競合他社から受注をもぎとったり、社外のコンテストで自分の仕事が入賞したこともあるし、営業さんからも頼りにされてるという自負がありました。
それらを全部捨ててアメリカに来て生活は一変。車の運転は下手くそ、英語はしゃべれない、アメリカでの生活スキルは最低レベルなわけです。左折ができずに自分の後ろにどんどん車が並んでいってますます気持ちが焦る、スーパーのレジの人にも何か聞かれても2度3度聞き返さないと何を言っているのかわからない…。
日米の自分自身のギャップも大きくて、日本ではイキイキと仕事も趣味も充実していた自分が、アメリカに来てからすっかり役立たずになってしまったことが辛くてみじめで、たびたび落ち込みます。

駐在妻というとなんだか華やかでセレブのようなものを想像されるかもしれませんが(実際そういう優雅な方もいるかもしれませんが)、少なくとも私の現実はこんなものです。
こういう悩みは駐在妻みんなが通る道だとは聞いていますが、トンネルを抜けるには時間と努力が必要だろうなあと感じています。

1年後2年後に笑って振り返られると良いなあと思い、たまにはこういうネガティブなことも記事に残しておきますね。

できることからコツコツと。
まずはおいしいごはんを作って会社や学校から帰ってきた家族を迎えよう、そんな日々です。


※追記
こんな悩みから前進できるような出来事があったので記事にしました。
韓国料理教室&新米駐在妻の悩みすっきり編 @バイリンガル教会 « 猛牛ママ

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメント / トラックバック15件

  1. なつ より:

    はじめまして。素敵なご飯写真に憧れて、最近ブログを拝見させていただくようになりました。なつといいます。あまりにもお辛そうなのでいてもたってもいられず、しゃしゃり出てきてしまいました。アメリカでのご自分のダメダメさに心を痛めておられるご様子、お察しいたします。でも、私は記事を拝見させて頂くに、全然ダメダメなんかじゃないと思いました。プロセスはどうあれ、ご自分で状況をしっかり打破されてるじゃありませんか。私だったら、きっと主人に泣いてどうしよう~って電話してます。情けないですが。知らない土地に移り住む選択をされた事もすごいと思いますし、移住の準備や現地での英語の事も、さらっと書かれていますが、私はずっとすごいな、すごいなと思いながら拝見してきました。きっと猛牛ママさんは真面目な方だから、自分へのハードルを高く設定しすぎなのではと感じました。慣れた日本での初めてだって緊張するのに、知らない土地の初めてに緊張して、がちがちになっちゃうは当然で、絶対ダメダメなんかじゃないです。月並みな事しか言えず、稚拙な文章で失礼いたしました。第三者の他人には、わからない部分の方が多いですが、なにか言葉をかけたくて、書かせていただきました。何も力になれませんが、応援しています。ご自愛ください。

  2. むぎ より:

    いつも楽しく拝見させて頂いています。
    日本にいらっしゃる時から色々(育児も家事も)参考にさせてもらっているのですが、在駐妻で頑張っておられるのも、いずれ海外赴任を!と旦那に頼んでいる身としてはすごく参考になっています。
    いつも読むばかりだったのですが、ネガティブな回なので恥ずかしながらコメントさせて頂きました(´∀`*)
    月並みなことしか言えませんが、日本にいらっしゃる時もアメリカで奮闘されている今も変わらずすごく素敵です!
    失礼ながら、同じくらいの英語レベルだと思いますので、これからも”リアルに”想像しながらいつになるか分からない海外生活をシュミレーションしようと思います。
    みなさんがおっしゃるように、1年もすれば笑えると思います。
    それに日常生活で必要な英語なんて2,3ヶ月くらいで網羅できると思います。(一応1年弱だけ学生でアメリカに居たことがあります)
    お子さんと一緒に楽しみながら頑張って下さい♪

  3. むぎ より:

    投稿した後にもう一人の方と同じようなことを書いていることに気づきました(;´∀`) 失礼致しましたm(_ _)m

  4. チョコラ より:

    >なつさん
    はじめまして、コメントありがとうございます!嬉しくてじ~んとして何度も何度も読み返しています。そんな風にいっていただけると救われる気持ちがします。
    プロセスはどうあれ…そうですね、結果オーライ!て明るく考えた方がずっといいですよね。ありがとうございます。
    確かに少し肩に力が入りすぎ、目標を高く設定しすぎというのもあると思います。貴重なアメリカ生活なのに!無駄にしたくないのに!それなのにそれなのに…と。
    自分の中で夢見てた部分があったと思うんですよね。渡米前に「大変だろうことはわかってるけど、憧れのアメリカ生活」と思ってはいたんですよね。でも大きくふくらんでいた「憧れ」の部分が現実にぶつかってしぼんで、「大変だろうけど…」の部分が「やっぱ大変じゃん~!泣」て大きくなってる感じでしょうか…w
    憧れと現実の折り合いをつけて、できることからちょっとずつ階段のぼっていけるよう日々精進いたします。
    楽しいアメリカ生活もたくさんお見せしていきたいで、これからも遊びにきてくださいね。

  5. チョコラ より:

    >むぎさん
    はじめまして、コメントありがとうございます!
    海外赴任を希望されているんですね~。その夢が叶ったあかつきには、記事のひとつでも参考になってくれればこんなに嬉しいことはありません!
    参考になりそうな生活ハプニングネタもたくさーんあるんですけど、なかなか書く時間が取れずに眠ってたりします。リアルなアメリカ生活のあれやこれもちょこちょこお届けしますね♪
    英語のレベルが同じだなんておそれおおい…!もう私など…1歳児レベルです…。よくこれでアメリカ行こうと思ったね?と自分でも呆れるほどです!半年ではとてもとても…3年かけて4歳児レベルくらいになりたいです…w
    つたないよちよち歩きながらがんばりますので見守っててくださいね。
    励ましのお言葉たくさんありがとうございました。また遊びにきてくださいませ~。

  6. chichi より:

    はじめまして
    30年前に、20歳で、父のNY赴任に伴い、家族でNJで2年間暮らしました
    分かります、言われていることも最初は、全く分からないし、言いたいことも言えないし・・・
    私も何度悔し涙を流したことか( ┰_┰) シクシク
    耳は、環境にもよりますが、私の場合は、1年ほどで相手の言っていることはかなり理解できるようになりましたが、
    しかし言いたいことを言うまでは最後まで無理でした
    私たち家族が住んでいた30年前とは、環境も全く違います
    羨ましいくらいにいい環境があると思いますよ
    ネットを通して、情報も得られるし、お友達も持つことが出来ます
    少しずつ、NJの生活に慣れていかれると思います
    家族の絆も強くなると思いますよ(我が家の場合はそうでした)
    アメリカでの生活がなければ、バラバラの家族関係だったかもしれないです
    異国の地では、家族が力を合わせなければ生きていけなかったから
    母国からチョコラ一家の幸せを祈っていますよ!!!

    • チョコラ より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!
      励ましのお言葉たくさんありがとうございました。
      30年前に大変なご苦労があったのですね…。
      そうですね、今だとネットでなんでも買い物ができるし、日本の家族ともSkypeで無料でビデオ通話ができたり、本当に便利な海外生活になったと思います。
      こうしてブログを書いてちょっとガス抜きをできたり、同じような経験をされた方に声をかけていただけるのも、ネットの恩恵ですよね。本当にありがたいことです。
      私は日中は基本的に家にいることが多く、英語を使う機会がとっても少ないのもなかなか慣れない理由のひとつです。スーパーの買い物で簡単な挨拶をするだけじゃ英語しゃべれるようにならないですもんね…。
      おっかなびっくりながら、行動範囲を広げていけるようにちょっとずつがんばります~!
      また遊びにきてくださいませ~。

  7. とも より:

    はじめまして。
    夫のNJ赴任に伴い、2ヶ月と2歳半の二人を連れていくことになり、いま焦っていろいろと調べていて、このブログにたどりつきました。
    英語はまったく話せないし、子供の教育のことも気になるし、不安でいっぱいなのですが、明るく楽しくやっていらっしゃる記事を拝見して、不安が少しずつ解消されています。どうもありがとうございます!赴任準備のページなど、しっかり読みこんで参考にさせていただきます。楽しい記事が多くて、素敵な家庭なんだろうな~と勝手に想像しています。
    私も会社を辞めての帯同です。バリバリと仕事をされていた生活から一変してのなれない土地での主婦生活、やはり落ち込むことも多いのですね。がんばってください!!

    • チョコラ より:

      こんにちは、コメントありがとうございます!
      赤ちゃんがいると渡米準備がまた大変ですよね。私はドタバタしていてすっかりお食い初め忘れてました…3人目ということもありますが…w
      買い物などもたくさんですよね。船便用に買って買って…とたくさんお金使うので「現地調達でもいいか…」と躊躇しちゃいますが、ラップとか100均のプラカゴとか、もっと買ってきてもよかった!アメリカは生活用品が日本より高いのでアレコレ買ってきたものはどれも重宝しており、よかったです!
      ああ、ダイソーが恋しい~!ダイソーで思う存分買いこんでくださいませ~!
      多少なりとも参考になれば幸いです~!
      産後のお身体もご自愛くださいね。

      • とも より:

        お返事ありがとうございます!
        主人の出発が2週間前になり、業者に下見にきてもらいましたが、うちはあまり荷物をもっていけなそうです。。。それでも、100均でたくさん仕入れていきたいと思います!手荷物だけはたくさんいけるので、記事を参考にして食料品などがっつり持っていきたいと思います!
        お食いぞめ、忘れてしまったのですね。上の子は主人の実家でやったのですが、今回はどうしようか迷います。そういえば主人の出発の数日後なので、バタバタして忘れないようにします^^まだ、住むエリアの候補も定まっていないので、これから小学校や保育園などがんばって調べます!
        チョコラさんも、これから寒い季節を迎えると思いますが、お身体気をつけてくださいね!

        • チョコラ より:

          ご主人はまもなく渡米なのですね~。ご家族の時間を大事にしながらぜひお寿司などたくさん召し上がってくださいね~。私は今、旬の焼き秋刀魚が恋しいです~泣 こちらには冷凍秋刀魚しか売ってません~泣
          引っ越し便は第一便によく使う日用品や調理器具を載せておくと自分たちがついたとき楽ですよ~。最初のうちは物がないのもキャンプ生活みたいで楽しかったりもしますけれど、やはり不便は不便でしたね~。
          風邪シーズンとお引越し準備を無事に乗り切れますようにお祈りしています。
          また遊びにきてくださいね~。

  8. えむまま より:

    半年前の記事ですが、今更ながらこちらに辿り着き拝読させていただきました!!!
    チョコラさんの記事に私も思い当たることが多々・・・ありすぎて共感とともに私も渡米当時を思い出して涙がでる思いでした。

    私も日本での仕事が面白く、また数年前には昇進もさせていただいていたので仕事を辞めるなんて想像もせずに、良く働き・良く遊べ(趣味多数、当時海外渡航国は30か国)をモットーに毎日充実した”仕事人間生活”を送っていました。
    そんななか情熱をもって積み上げてきたキャリアを放棄してまでNJに来たんだから!!!と意気揚々と新しい生活に飛び込んできたのに、蓋を開けたらあまりの自分の不甲斐なさに撃沈。車の運転にしてもへっぴり腰でハイウェイなんて運転ができず、怖がっているうちに妊娠出産となりこれまで引きこもり生活を送っていました。(T_T)

    チョコラさんの渡米直後の思い、本当~によくわかります。
    そして、この書き込みから半年経って思いはどうか変化なさったでしょうか?お会いしてお話ができたらきっとたくさんの思いを共有できそうですね!!

    貴重なアメリカNJ生活を育児の慌ただしさだけで終わらせないためにも、お互いにBabyを抱えつつ自分の時間を持てるようにやりくりしていきたいですね!!

    • チョコラ より:

      こんにちは〜。
      いや〜落ち込みMAXのときの記事、ちょっと恥ずかしいですがすでに「そんな日もあったわあ…」って笑えるので、記録しておいてよかったですw
      現在は日々楽しく過ごしておりますよ〜!
      ではなにも問題なくスムーズに暮らせてあるかというと、それは、ない!!です!w 日々ぶつかりまくりです!
      でも、それに慣れてあまり落ち込まなくなったんですよね〜。
      英語が話せないのも、カタカナ英語を何度も聞き返されるのも、店員さんに迷惑そうな顔されるのも、車の駐車に手間取って他の車待たせるのも、学校のパジャマディや提出物を忘れてあわてるのも、も〜〜しょっちゅうやってるんでいちいち落ち込まなくなりました!(いばることじゃないw
      あと日本人のお友達に恵まれて、困ったとき助けてもらえたり、お茶しながら教育の悩みを話したり愚痴りあったり、みーんなそれぞれ同じ思いを抱えてるってのがわかったのも大きいですね。
      この記事を書いた頃はまだお友達もいなかったし…。

      えむままさんは海外旅行が趣味でいらしたんですか〜!すごい渡航数!海外慣れしてらっしゃるんですね〜かっこいい〜。きっと日本のご家族お友達も安心して送り出せたろうなと思います。
      こちらではじめての妊娠出産をされたとのことで、本当にアメリカ前後で生活がまったく変わったことでしょうね。
      どうしても赤ちゃん中心の生活になりますし、子供を乗せての運転はなおさら怖くなりますね。
      車の運転が必須のアメリカで、これが苦手だとほんと不便なんですよね〜(T ^ T)
      買い物くらいなら欲しいものが買えないくらいで我慢できますが、今一番困ってるのが医療です。上の子がいるとバイキン持ち帰ってくるしw、どうしてもあちこち連れ歩くし、病気になりやすいんですよ〜(T ^ T)
      お互いいろんな苦労がありますががんばりましょうね〜。
      いつかどこかでお会いできますように!

      • えむまま より:

        おはようございます!!!

        今朝は私だけちょっと早起きしてのんびりネットサーフィンしていたり、チョコラさんのブログにお邪魔したりしていたらお返事を頂いていました!!!チョコラさんも土曜というのに早起きですね!(あ、土曜は補習校かな?)

        ”いつかどこかでお会いできますように!”
        と憧れのおっしゃっていただけて光栄です♪

        私も早くチョコラさんとお会いしたいな~と常々思っていて、実は昨日の大雨の中、”とあるところ”にでかけてみたんですよ!!!(大粒の雨の中、娘を乗せてハイウェイを運転するのは恐怖でしたがお会いしたい一心で頑張ってみました)

        残念ながらお越しになっていらっしゃらなかったようですね、(T_T)あの雨なら致し方ないと思います。
        私は来月も参加する予定です!!!
        早くお会いできたらいいな~☆

        • チョコラ より:

          こんにちは〜。今朝はなんだか早く目が覚めちゃったのでした〜。
          まあ!昨日あちらに!わ〜!お会いできなくて残念です〜ごめんなさい〜!(T ^ T)
          今回参加できなかったのは、前日に末娘が熱出しちゃったんです〜。幸い翌日には下がったんですけど、ひどい雨でしたよね。運転お疲れ様でした。
          私含め赤ちゃん連れの方もちょくちょくいらっしゃいますね。
          来月お会いできますように!

コメントをどうぞ