Tooth Faily がやってきた!学校で乳歯が抜けた話

ここ数日、下の乳歯がグラグラしていた長男。
学校でスナックタイムにリンゴをかじったはずみでぽろっと取れたそうw

日本人のサポートの先生に付き添われて保健室に行くと、抜けた乳歯をなくさないようにネックレス型のティースケースに入れてくれたそうです。

セロテープでがっちりと封緘されて首にかけて持ち帰ってきたので、へ~アメリカでは抜けた乳歯すごく大事にするんだな~取っておくのかな~なんて思ってました。

すると翌日の夕食のとき長男が

「妖精がやってきて抜けた歯とコインを交換してくれるんだって!
ごはん食べ終わったらあとで見てみようね!」

ですと!
な、なに~!?知らんかった~!
キッチンに物を取りに行く振りしてあわてて壁にかけたあったティースケースを取って、寝室でこっそりコインと交換w
セロテープがっちりで剥がすの焦ったわっw
あと財布にペニーコインがあってよかった…ペニーしか入らなかった…w

20121209-113639.jpg

何食わぬ顔で元に戻し、夕食後見てみると…

「やっぱり来てたーー!」

と喜ぶ長男。
やっぱり…なんて疑うことがないところが可愛いねえ…。

乳歯が全部生え変わるのは10〜12歳くらいだそう。
妖精さんを信じるタイムリミットもちょうどそんなもんですかねえ…。
短い子供時代、不思議で楽しい思い出たくさん作ってあげたいですね。

乳歯を入れる枕なんてのもあるようです。面白いね~。
Amazon.com: tooth pillow

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ