クリスマス旅行記4 マジクエストで大冒険!

プール以外にたっぷり遊んだのは体験型RPGゲーム、マジクエストです。
こんな感じの魔法の杖(ワンド)を持って、宝箱を開けたりしながら与えられたクエストを解いていきます。

参考リンク
東京ドームシティ マジクエスト

20130108-192555.jpg


■遊ぶ前の準備

長男のワンドは日本から持ってきたもの。東京ドームシティのマジクエストで購入したのですが、問題なくアメリカでも使えます!
カウンターでプレイ料金$13を支払えばチェックアウト日まで終日遊べます。

ワンドは1本$20くらいだったかな。色や形など何種類かあります。
次男が買った、かっこいい形のワンドはクラシックタイプにプラス$6でした。その分、コンピュータにアクセスしたときになんかかっこいいドラゴンのグラフィックが特別についたり、魔法の力が強くてドラゴンを一発で倒せたりしますw

ワンドトッパーと言って、ワンドにさらに好きな飾りをつけることができますが、これは$15〜20くらいでしたかね。
二人ともドラゴンのトッパーです。確かにかっこいい!
ちなみにトッパーは買わなくても、レジで丸い形のシンプルなトッパーを付けてくれます。

杖ごとにプレイヤー1名登録します。名前や職業(戦士とかなんとかドラクエみたいな…)を選んで登録してもらい、いざ冒険の旅へ!



■ホテルが冒険の舞台!

ホテルの廊下や踊り場ロビーなどあちこちにマジクエストの仕掛けがほどこされています。
ホテル全体が魔法の世界!

20130108-192857.jpg

宝箱や絵画にむかって杖を振ると、キラキラ光ったり音を出しながら開いて「100ゴールドゲットしたよ〜!」とか音声が鳴ります。
ただあちこちに杖を振って歩くだけでもおチビちゃんは楽しいと思いますが、5歳くらいから上なら大人と一緒にクエストを解いていけると思います。

オール英語ですが、日本のマジクエストに通ってやりこんでいたので要領はわかっていたのでなんとかなりました。
英語がわかるに越したことはありませんが、冒険の書に書いてあるヒントやイラストを頼りにして解くことも可能です。
ただときどき、重要なヒントを絵画のキャラクターがしゃべったりするので、その意味がわからないと先に進めないこともあります。

あちこちにタッチパネルが仕掛けられており、そこに杖を振るとクエストの現在状況などを見ることが可能です。

20130108-192639.jpg

2階ロビーの茶色い木が冒険の出発点。ここで魔法使いの師匠から冒険の指示をもらったりします。

20130108-192630.jpg

あるクエストでは妖精の奪われた宝を探し出して返したりします。

20130108-192709.jpg

ドラゴンと戦う長男の勇姿!

20130108-201740.jpg

いろんな魔法石を組み合わせて攻撃します。ちょっとこのクエストはむずかしかった〜。

20130108-201749.jpg

クエストはたくさんの種類があるので飽きることなく遊べます。やってるうちに付き合ってるはずの大人がムキになってきちゃって、攻略がんばっちゃいましたw
3泊の間にほとんどクリアして、マスターマギまでのぼりつめましたw

温水プールとマジクエストでまったく飽きることなくホテル内で過ごせて、お兄ちゃん達が夢中で遊んでいる間に末娘も部屋でゆっくり昼寝ができたりして、年齢差がある子供たちがそれぞれ快適に過ごせてよかったです〜。

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメントをどうぞ