次男の現地プリスクール入学

3歳9ヶ月の次男、4月から現地のプリスクールに入学しました。

去年の7月に渡米してきたときは3歳1ヶ月だった次男。
いろいろな事情で幼稚園入園が先延ばしになってました。


■アメリカの保育料は高い!!

一番大きい事情は保育費問題!
アメリカの保育費は日本では考えられないほどべらぼ〜に高いのです!もうびっくり!

例えば午前中のみ週3日で月$300、9〜15時の週5日だと月$1000以上のところがほとんどです!これでも安い方!
保育料で子供ひとりに月10万円飛んじゃうなんてクラクラしちゃいます…。

なぜこんなに高いかというと、アメリカでは義務教育開始前の保育施設や、利用者に対して国や自治体から助成がなく、税金が投入されないのです。
保育にかかるコストはすべて利用者負担になるんです。
非常にシビアです。
アメリカの働くお母さんは一体どうやりくりしているのでしょうか!?

我が家は駐在なのでありがたいことに会社から保育料補助が何割か出ます。ただし、補助が出るのが「3歳になった次の4月から=日本の年少入学開始と同じ」という規定が!
自腹で月10万円はありえないので、会社補助が出る4月まで待つことにしたのが一番大きい理由です。
会社補助出ても日本の保育料の2倍くらい自腹で払わないといけないんですけども…。

ちなみに保育料はほんとにピンキリです。
保育料をホームページで公開しているところが少ないので、園に問い合わせをする必要があります。
参考までに保育料を公開している園をご紹介しますね。こちらはかなり良心的な保育料だと思います。日本人の子も通っていて、お母さんからの評判もよかったですよ。(我が家は距離的な問題でここではありません)

Bethlehem Early Learning Center – Fours Program

それと、市のコミュニティスクールなどが主催しているプリスクールは保育料が安いです。
午前か午後の半日保育しかなかったので辞めました。3時間保育だと日本だと一時保育みたいなもんですよね。あっという間にお迎えの時間になってしまって送迎も大変なので…。


■母国語確立を優先

入園を先延ばしにした次の理由は、次男の日本語力をもう少し伸ばしてからにしたかったのです。
渡米当時の次男は、日本語力も精神年齢も低かったです。
あの頃はボキャブラリーが少ないので言いたいことを上手く言えずに、「なんかね〜!あのね〜!えっとお〜!」が口癖の次男でした。

日本語も怪しいのに英語環境に放り込んだらセミリンガル(2ヶ国語を切り替えられずにぐちゃぐちゃになってしまう状態)になるのが目に見えてたので、もう少し手元に置いて母国語を確立してからがいいだろうというのが私達夫婦の判断でした。

あとは自分の気持ちや状況を説明できずに、いたずらをして叱られるとただ吠えて泣いて癇癪を起こすとか、イヤイヤ期がパワーアップしていた時期だったのもあり…。
末娘が産まれて間もなかったので赤ちゃん返りもひどく、その状態で預けるのも不安が大きかったです。

今はかなり日本語が上手くなって、叱られる場面でも「だって○○だから○○したかったんだもん」「おにいちゃんが○○したから、ぼくは○○したの」などと気持ちや状況を説明できるようになりました。
語彙も増えてかなりしっかり話せるようになり、日本語と英語の区別がつくようになりました。


■プリスクール選びと見学

まずは駐在ママ友さんからのクチコミ集めでした。
「あそこはお勉強系でしっかりアルファベットも教えてくれるけど、きちんと座ってられる女の子は楽しい場所だけど、活発な男の子には向いていないかも」
「アメリカ人の先生と日本人の先生ふたりいて、英語も日本語も両方教育してくれるバイリンガル幼稚園がある」
「あそこは園庭もジムも広くて先生も優しい。ただしすでに日本人の子が何人か通ってるから、日本人の子で固まってしまうと英語習得には向いてないかも」
などなど。やっぱり利用者の声が一番参考になりますね!

それからいくつかの園にメールで問い合わせをしてみましたが、返信してくれない園もありました。…アメリカってこういうとこなのよね…。
英語ができるなら電話で問い合わせして空きを聞いたり、見学のアポを取るのが一番確実かと思います。

メール返信くれた園が対応が丁寧で印象がよかったので、2月下旬に見学アポを取り行ってきました。
案内してくれた事務の女性が、英語ダメダメな私にもわかるようにゆ〜っくりわかりやすく説明してくれてまた好印象!
家からの距離、送迎のしやすさ、保育時間、保育料、そして次男本人が「ぼくもっと遊びたい!」と気に入っていたのでそこに決めました。

園からは「4月からも空きはあるから入れるけど、新学期の9月からをおすすめするわ」と言われました。そうなんですよね〜、4月からだとアメリカは年度末なので中途半端になるんですよね。
でも9月だとさらに半年自宅保育〜!?もう耐えられない〜w と思っていたので4月入園しました。


■入園してから

「ぼく幼稚園行く〜!」と楽しみにしていたはずなのに、いざ通うとなると最初のうちは行きたがらずに泣きましたね〜。
やっぱり英語がわからないというのは3歳児にもストレスだったようです。

朝、車に乗せるところからバトル!
園について車から降ろすのもバトル!
なだめたりご褒美をチラつかせたりなんとか諭しておんぶして部屋まで連れて行くも「やだあ〜!おうちかえる〜!」と泣いてすがりついてくるのを、先生に抱っこされてひきはがされて、私はあとよろしく〜!と逃げるように帰ってくるという日々でした…w

でも次男はもともと人懐こい性格なのと、日本にいたときから保育園で子供を預けるのに慣れていたので、まあすぐ慣れるだろうとあんまり心配もしていませんでした。
実際、迎えに行くとすっかりニコニコで元気に遊んでて、先生にも「今日とってもハッピーに過ごしていたわよ!」「ワンダフルな一日だったわよ!」などと言われるのです。
それでも朝は嫌がって泣くのが一週間くらい続いたかな?

それと最初の2日はトイレが間に合わずにおもらしもしました。
3日目にははかせるオムツをひっぱり出してきてはかせて登園。「家では自分でトイレ行けますが、今日はプルアップをはいてます」と先生に伝え、次男本人には「トイレ行きたくなったらピー!ピー!(幼児英語でおしっこのこと)って言うのよ!」と教えていました。(ちなみにうんちは「プー」ですw)
ちゃんと言えたのかどうか??先生が定期的にトイレに誘ってくれたようで3日目からはおもらししていません。

2週間目のある日、お迎えに行くとクラスの女の子がバイバイのハグをしに来てくれました。それを見て他の子も次々とハグしに来てくれました!
そして次の日の朝、先生も両手を広げてビッグハグで次男を迎えてくれて、それで次男はニコニコ!泣かずに行けるようになりました!
こういうところアメリカのすごくいいところですよね〜。言葉は通じなくても「私たちはあなたの仲間だよ味方だよ」って気持ちを伝えてくれるんですよね。

通い始めて一ヶ月以上経ちますが、春休みで一週間休んだあととか月曜の朝は泣くときもありますが、おおむね楽しく通えています。

私は平日日中は末娘だけの世話になり一気に楽になりました!ここが一番大事です〜w

今日も読んでくださってありがとうございます。応援ポチくださると更新の励みになりま~す!(`・ω・´)

コメント / トラックバック4件

  1. chichi より:

    30年前私たち家族が駐在中に、
    英語圏→日本→イタリア→日本→NYと海外を転々としている駐在員一家がいました
    ご夫婦は日本語という母語があるので問題はなかったのですが
    問題は、11歳の息子
    母語がない・・・
    日本語は親と話す程度は問題ないですが、漢字が・・・
    イタリア語も子供としての会話はOK(日本に帰国しても習いに行っていたそうです)しかし大人の会話が出来るまでのレベルではない
    NYに来て、ESLの先生に「この子母語がないですよ。このままではどの言語でも感情が言い表せなくなりますよ」と言われ
    親は、驚き、出世を諦め、NYに住み着く決心をしました
    今は、色々な情報が昔に比べ簡単に得られますから
    このようなことは起きないのかもしれませんが、
    この話を聞いたときは、衝撃的でした

    • チョコラ より:

      そうですね、バイリンガル教育についての研究も進み、「幼児期の母国語確立が一番大事」だということは今では結構知られていると思います。
      母国語があいまいだと思考力が低いままになってしまうそうで、次男に関してはそれが一番心配でした。
      私は赴任前にこちらの研究書を読みました。
      http://www.joes.or.jp/publish/kotoba.html

  2. とも より:

    以前いちど、こちらのブログにコメントをさせて頂いたものです。
    主人が先に赴任してから早7ヶ月。とうとう私たち家族も1週間前にNJにやってきました。ちょうど3歳1ヶ月の息子と10ヶ月の娘という、チョコラさんの下のお子様お二人と同じような感じなので、ブログをいつも真剣に読ませて頂いていました。私も長男の幼稚園選びで、どこにいれようか悩んでいます。母国語確立にはどの程度必要なのか?など難しいですよね。現地の園を選び、ママさんたちと交流をされているチョコラさん、すごいなあと思います。

    • チョコラ より:

      コメント返信すごーーく遅くなってしまってごめんなさい!(滝汗)
      アメリカ生活はいかがですか?
      上の子ちゃんは9月からどこかプリスクールに入られるのかな?
      一年目はなにもかもが初めてで、何をするにもわからないとこだらけ、ひっかかったり出直したり時間も労力もかかりますが季節を一通り過ごすとだいぶいろいろわかってきて、2年目はグッと楽になると思いますよ!
      この一年が我慢のしどころ、頑張りどころです!
      この一年にどれだけ場数をこなしたかで変わってきますよ〜!
      前向きに頑張ってください!
      私も頑張ります!

コメントをどうぞ